« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

居母山通信

sun 古代米田んぼアートのお知らせsun

日時 2012・5・27日 午前10時30分頃集合

 場所 大さこ公民館前 特設会場

  題材は、「ゴーヤ先生」に決定させていただきました。

 ※詳しくは下記のとおりです。

P1030786_3 

   写真をクリックして拡大してください。

 調子がイマイチだった、パソコンのメールが回復したと思いますので、ブログを読んで頂いた方テストメールをお願いします。

 メールアドレス nakashi@mxc.nkansai.ne.jp    中島宛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居母山通信

 義援米のこと

 お米をお届けした石巻の皆様からお礼が届きましたのでお知らせします。

  石巻市 笠 かつ子 さま

 私、宮城県石巻市に住んで居ります 笠かつ子(82才)と言います。

 昨年の震災で被災したものです。

 先日はおいしいお米を頂戴致しまして有り難う御座います。

 全国の皆様のご支援のおかげで、仮設の生活にもなれまして元気に暮らして居ります。

 ほんとうにありがとうございました。

                                       かしこ

 石巻市鮎川 平岡満支治 さま

 前略、心暖まるお便り又「お米」を頂き誠に有難うございました。

 以前は石巻市鮎川浜という「金華山」島とは向かいです。

 風光明媚な所で毎日畑仕事と好きな釣りざんまいで 過ごしていました。

 それが、突然のあの震災です。

 今は、車で二時間離れた仮設でお世話になっているところです。

 どんぐりころころどんぶりこ、お池にはまってさあ大変、どぢょうが出てきて今日は、心の角を取り払い、まあるくまあるくまるまれば、ころころころころころがって、みんなみんな丸あるく丸るく 人々集まれる。

                                        早 々

 石巻市 落合きよえ さま

 初めまして 落合きよえです。

 先日は、ボランティアの若い人達がおいで頂き、お米を頂戴しありがとうございました。

 お米は、主食ですのでほんとうに助かります。

 まだまだ、いろんなことに対し身体的肉体的に落着けませんですが、このようにたくさん

の人達のあたたかい支援のおかげで力がでます。

 この間は、「めぐりあい」のことばを頂きましたが、今回はころころころがって多くの人達

に出会いを教えていただき、本当にありがとうございました。

 よろこびの花が咲きますように、みんなでお祝いしたいものです。

 ほんとうにありがとうございました。

 関西の方からは初めて、京都に行った時のことを思い出しました。

 

  石巻市 安部 さま

 先日は思いかけず

 米をいただき、ありがとうございます。

P1030783 

以上紹介します。みなさんものすごく達筆でした。

 また、新米が出来たら クラブ員で訪問しましょうか

    10時間前後の車の走行は、我がクラブなら日常茶飯事ですものネ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pine山の回想録

2011/9/30~2011/10/3 

  穂高連峰縦走(その3)

 上高地~横尾~涸沢小屋(泊)~北穂岳~涸沢岳~穂高岳山荘(泊)

    穂高岳山荘~奥穂高岳~紀美子平~前穂高岳~重太郎新道~岳沢ヒュッテ

~上高地            ※後は沢渡温泉ペンション一泊で打ち上げ

Photo_11

 久しぶりに(その3)の書き込みです。遅くなりました。今回は青のコースです。朝4時半起床し、準備を整5時過ぎにヘッドランプを点け奥穂山頂に向け出発です。昨日と同様槍が見送ってくれています。気温は、マイナス3度寒いです。1_2

途中から槍ヶ岳を振り返ったシーンです。涸沢岳、北穂高岳もくっきりと見えます。今日も晴天感謝です。2_2

                    6時 山頂に到着です。

3_2

 山頂の社の↓で記念撮影、ここが実質的には山頂であるが、このケルンの部分も奥穂の高さに入っているのか、いささか疑問である。4_2

 ジャンダルムもくっきりと雄姿を見せています。今度はこちらにも挑戦したいと思っております。5

奥穂高岳から前穂高岳、西穂高岳、白出のコルへの分岐です。少しは移動が必要だが、とにかく360度パノラマ天気にも恵まれ最高。

6

7

  陽がさしてきました。絶景にただただ感動、これがあるから山登りは止められない。

8

                         もう一枚

9

              管理人も記念に一枚撮っていただきました。

10

約30分奥穂山頂で過ごし、6時30分、涸沢小屋経由で下山予定であったが、天候もよく岩場も安全な状況のため、会長と無線連絡を取り、前穂高岳を踏み重太郎新道から岳沢に下山し、上高地で合流するコースに変更。12

       前穂高岳に出発。正面は、前穂高岳とジャンダルムです。

14

  涸沢のカールを左に見ながら進みます。カールの下には涸沢の小屋が見えています。16

                前穂が近づいてきました。

17_2

18

     午前8時紀美子平に到着。ここに荷物を置いて、前穂山頂を目指します。

19

 約20分をかけて、山頂に、小屋から一緒だった方にシャッターを押していただきました。前穂はこの二人でトップを踏みました。残りの二人は紀美子平で暖かい飲み物の準備をしていただいております。20

 午前9時15分、紀美子平を出発し、長い急斜面の下りがある重太郎新道から岳沢を目指します。21

                最初からこんな下り坂でございます。

22

               岳沢に向かってどんどん下ります。

23

     コースを見上げるとやっぱり急斜面です。登りには使いたくないですね。

24

        さすが、アルプス三大急登と呼ばれているだけのことはあります。

25

    一時間以上下っています。確かカモシカの立場って看板があったような?

 下の写真は岳沢のカール。涸沢のカールとは随分違い荒っぽい感じがしますね。でも、ここの紅葉は抜群と聞いています。

26

 約2時間半の下り坂に耐え、ようやく岳沢に到着、ちょうど昼食の時間になり、暖かい食事を作っていただき、生き返った気分。

27

 涸沢小屋から一緒の方とここでも出会いました。リンゴごちそうになり有り難うございました。ブログからですが お礼申し上げます。

     岳沢から約2時間30分かけて、上高地に到着。皆さんと無事合流。

         お待たせしました。待ちくたびれて、飲みすぎたとか?

29

 

           今回参加者の貴重な全員写真です。(涸沢小屋にて)

31

 この季節本当は、こんなのがふつうですが紅葉は見られませんでしたが、2日目から晴天に恵まれ、良い登山ができました。30  

この後、上高知バスターミナルから沢渡の駐車場に行き、早い下山組に手配頂いた、沢渡温泉ペンション「シルグレイ」で疲れを癒し、祝杯をあげました。

 朝、支配人に聞いたところですが、日本酒を一升瓶こ゛とキープした方は初めてだそうでした。一年間のアルコールの売り上げがこの日だけで上がったとか?言っておられたようです。

 2012年は槍ヶ岳と大キレットに行く予定です。

        次回は、後立山連邦の思い出を紹介する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居母山通信

   お知らせ  

    今年もやりまっせ

 2012 第7回 古代米田んぼアートの田植えを            

                5月27日(日)に実施します。

 田んぼアートも今年で7回目を迎えることとなりました。京都国民文化祭を盛り上げるため2010年と2011年は「まゆまろ」を題材としました。

 2012年は、環境問題をテーマに福知山市の環境キャラクター「ゴーヤ先生」にしたいと事務局では考えておりますが、シンプルで良いネタがありましたら、まだまだ変更は可能ですので、会長か管理人まで通知願います。

 また、準備についても積極的に申し出て頂きますようお願いします。

 昨年の写真が見当たらないので、2010年の写真を紹介します。

 こんなイメージのイベントで、毎年多くの方々に参加いただいております。リピーターの方は、もちろん 誰でも参加できますので、お気軽にお越しください。

 参加は無料ですので、ゲストの勧誘もよろしく。

            五右衛門風呂がありますので、タオル持参してねthink

1  

 前もって、竹とビニールひもを使って、外郭をデザインし、古代米の赤米・黒米・緑米・紫米・白米などを使って皆で植えて行きます。多いときには100人を超えるゲストに訪れて頂いております。もちろん第1回からのリピーターもおられます。

2  

      チームに別れ、色分けされたそれぞれの苗を植えつけていきます。

Photo_7  

 ゲストの皆様は、大阪を中心に、京都市・奈良・岡山・東京など多彩で、R・Uさんの紹介もあり、外国からのゲストも多く、これまでアメリカ・イギリス・オーストラリア・中国・インド・フィリピンなどの方々の参加があり日本での交流を楽しんでいただいています。

 Photo_10  

 汗を流した後は、居母山クラブ手作りの五右衛門風呂で疲れを癒し・・・・・・・最後は

Photo_9  

 もちろん、その後は、田舎のごちそうがタップリ。居母山クラブのスタッフの手料理をふるまいます。

 また、リピーターの方々の持ち込みによりた多彩なメニューが出てきます。

Photo_2  

 8月には、こんな風に「まゆまろ」が浮かび上がっています。イメージ通りの作品ができました。

Photo_6

  これは9月の収穫祭です。稲刈り前の参加者の全員写真です。これから総出で刈り取り作業を行います。

 このように、田んぼアートは田植えだけのイベントではなく

 ①春に田植え ②夏に泥んこドッヂボール大会 ③秋に収穫祭 ④冬に古代米餅つき大会と年4回のイベントです。

  子供連れの皆さんも多く、このブログを見た方一度来てみてください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居母山通信

 居母山クラブ登山記録 剣尾山(784m) 2012/3/24(日)

 3月の健康登山は、10名の参加でした。管理人は体調不良で不参加のため写真のみになりますがヨロシクです。早速、写真の提供有り難うございました。

居母山クラブでデジタルカメラとUSBを買いました。貸し出ししますので、今後の山行やクラブ行事などに利用し情報を提供して下さい。クラブ会報やブログに活用します。

 さて、剣尾山は飛鳥時代、山頂に月峯寺を開いた日羅が護摩を焚いていたとき、

不動明王の剣が降ってきたということから、この名がついた。北摂山群を代表する

名山で360度の展望を欲しいままにできる山である。

    大さこ公民館を何時ものように8時に出発。今回は、車2台で能勢に出発。

1030  

             10時30分 能勢の郷の憩いの広場に車を置き出発

11_2   

              11時05分 見えますか?石画ですね。

1105   

               11時12分 休憩

1112  

              11時33分 山頂を目指して

 1133

             12時06分地蔵さんと・・・・

 1206

 1207 1208

             13時06分 山頂でしょうか?

1309    

              13時16分 山頂での記念撮影

 1310

             13時24分 下山途中の分岐点 青空も見えてます。

1324              

              13時41分 下山途中

1341

              14時14分 下山途中

1414         

              14時22分 下山途中

  1422_2

              15時05分 もうすぐ駐車場

 1505   

  お疲れ様でした。

 4月は、多紀連山そろそろ花もシーズンに入ります。次回の健康登山をお楽しみに。

 写真の提供有り難うございました。また、管理人がいけない場合は宜しくお願いします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居母山通信

  居母山クラブ登山記録 2012/2/26 

深山(790m)登山と国領温泉に6名行ってきました。 平成24年2月26日 

                                                                                                                              深山(みやま)は大阪府豊能郡能勢町と京都府南丹市との境界に位置する山。標高790.5mで北摂山系の最高峰である。大阪50山の一つである。大阪府北部の最高峰でもあり、標高の高さの割に良い展望を有する。

 小雪の舞うなか、大さこ公民館を8時に出発しるり渓温泉駐車場に10時頃到着、準備を整え深山に出発。

Photo_15

 しばらく歩くと、右側に登山口の標識があります。おしゃべりして通り過ぎる人もあるとか?

2_6

            ゴルフ場を右に見ながら、なだらかな雑木林が続きます。

Photo_17

  しばらく歩くと笹原に出ます。コースは相変わらずなだらかであるが、足元は、ぬかるんでおり、注意が必要である。

1_5

  再び着雪の広葉樹のトンネルの中を進む。少し寒いものの雪景色が癒してくれる。

1_6

            雪も少し小降りになり、目指す山頂方向が見えてきた。

2_7

   再び、丘陵の様ななだらかなススキの一本道を進む。下の写真が丘陵のトップ360度の展望です。もう少し天気が良ければ大パノラマが望めたのに・・・・・・。

Photo_18

  Photo_19

 上の写真は、山頂手前にあるドウダンツツジ?のトンネル満開の時に是非もう一度来たい所です。Photo_20

 山頂には、電波塔。もちろん施設があると云うことは、山頂まで舗装道路が伸びています。Photo_21 

           山頂にあった石碑です。 「しばらくは、離るる里よ土筆摘む」

 Photo_22

              ここが、本当の山頂? 中には入れません。

Photo_23

           天気も少し落ち着き、周辺の山々も姿を見せ始めました。

Photo_25

恒例の記念撮影。今回のメンバーは6名でした。山頂は他に3名の登山者があり、シャッターを押していただきました。

Photo_26

  頂上は、吹きさらしのため、風の少ない場所を探し昼食の準備。何時ものように味噌汁とコーヒーを作り暖を取ってからゆっくりの下山でした。

Photo_31

 立ち止まれば寒く、歩けば汗ばむ服装が気になる山行でした。下の写真に注目です。冬の低山の山行は、暖かい靴下とゴム長が一番です。夏の雨の上高地もゴム長であるきましたよね。クラブでお揃いのゴム長でも作りましょうか?

 

Photo_32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »